スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とろとろのお湯、ヌプントムラウシ温泉へ~後編~

仮眠から目が覚めると、誰もいない・・・


皆さん、朝の散策で思い思いに撮影していました。
自分も、明るくなって見えるこの場所の光景を目に焼き付けました。


温泉方面2


温泉方面3


あやしかった天気もこの頃から少しずつ良くなって、日も差してきました。
まるで、この温泉に迎えられているようです。

かんさんと。(ゆぅさん撮影&反対からパパラッチが狙ってます・・・( ̄∇ ̄)ニヤ )

かんさんと&パパラッチ


いよいよ温泉へ向かいます。
ただ、台風の影響で丸太橋が流されてしまって、温泉に渡る術がありません・・・

渡渉場所

ここを渡って行きます。
水位は膝下位でそうでもなかったですが、冷たい!!


渡渉2


渡渉1


対岸へ着くと、まずは周辺を撮影。

撮影会


源泉がボコボコ湧いています。

[広告] VPS





そこに卵&朝食のレトルト食品を入れておきます。

源泉2

源泉
朝食&卵




さて、湯浴みと行きますか。
脱衣小屋です。

脱衣小屋


そこで、札幌温泉人さんが近づいてきます。
何やら怪しい雰囲気・・・・・ (〃∇〃) てれっ☆

怪しい・・・



憧れの湯船で~す( ̄∇ ̄)ニヤ

湯船

かんさんが源泉を出しながらかき混ぜて、調整してくれました。


みんなで楽しく湯浴み

みんなで

みんなで2

師匠と


ホント、とろとろで素晴らしいお湯です。
こんなの初めてです( ̄ー ̄)ニヤリ



一度、小屋に戻って朝食にします。

朝食


この後、天気が崩れ始め、雨が降ってきました。
やむ様子もないので、道路がどうにかならないうちに引き返すことにしました。
この決断は正解で、途中大雨に・・・

無事、曙橋まで戻ってきました。


いやぁ~、いいお湯、いい雰囲気でした♪


次は、百名山のひとつ、トムラウシ山登山の拠点になっている宿の温泉へ行きます。














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。