スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十勝岳温泉 カミホロ荘 -2010.11-

2010.11.23(火)


吹上の湯を後にして、次に向かったのは十勝岳温泉です。

さらに標高の高い所に向かいます。1200mにある温泉宿です。
一度通り過ぎて、北海道一高い場所にある「凌雲閣」まで行き、景色を楽しみました。



行く途中の道はすっかり冬です。

雪道

冬景色もなかなかいいものですね~


景色を堪能した後、ふたたび下りて来ます。
カミホロ荘は、もうすぐです。下に見えますね~

上からの景色








到着~♪ クリックすると、画像が大きくなります。

看板  カミホロ荘



名物?のキタキツネ、「こん太君」がお出迎えです。

狐のこん太





受け付けで料金を払い、いざお風呂へGO~ 




入り口と脱衣所です。小じんまりしてますが、きれいです。

入口  脱衣所




さぁ~、服を脱いで行きますよ~。

まずは内湯です。

内湯

床、壁、湯船が木で統一されています。シンプルでとても好感が持てます。
私、tai@suke、一瞬で気に入ってしまいました。
大きな窓から見える雪景色も最高ですね。

お湯は、少し緑がかっており、舐めると酸味がありました。
源泉が29℃と低いので加温してます。




洗い場もGood!

洗い場



しばらく、マッタリと湯浴みです。ここは、次男坊と一緒です。

内湯入浴


内湯3  内湯入浴2  内湯2










続いて露天へと行きます。

露天風呂

こちらも内湯同様、木で統一されています。いいですね~♪
内湯より少し熱めに設定されています。

外がかなり寒いので、ちょうどいいです。


露天入浴1


露天景色   露天入浴2


凌雲閣の山並みが見える景色とは違い、下界を見下ろす感じの景色です。
これもまた、いいものですね。

景色を眺めながら、マッタリ・・・
さすが、山の高い所です。目まぐるしく天気が変わります。




施設が綺麗で、秘湯感は多少薄れますが、木で統一された浴室や静かな雰囲気がとても気に入りました。
従業員の方も親切で、受け付けにいた方もかわいいし・・・(爆)





いやぁ~、いいお湯、いい雰囲気でした♪




人気ブログランキングへ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。