スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吹上温泉 吹上の湯 -2010.11-

2010.11.23(火)

先日上げた場所の前、2か所の温泉に入湯していたので、そこのネタを・・・


前日の夜、苫小牧を出発。
後ろのシートを倒し、車中泊仕様にして子供達を寝かせて行きました。

目指すは、某「北の国から」で、田中邦衛さんと宮沢りえさんが入ったことで有名になった吹上温泉の露天風呂です。

ここは、何度か近くに行った事はあるのですが、まだ入ったことがありませんでした。
観光地化しているので、いつ行っても混雑しています。
なので、早朝に行ったらいいだろうということで、夜に出発です。


時間を気にすることもないので、多少遠回りですが岩見沢ICから高速で旭川鷹栖ICまで走り、そこから上富良野を目指します。
(この時期は道路が冬季通行止めのため、美瑛からアクセスできません)


夜中の2時前に露天風呂の駐車場に到着。
すっかり冬景色です。

そしてここで私tai@suke、この時期の、標高の高い場所をナメていたことに気づきました・・・
なんと、夏靴!!



それでも根性でリュックを背負い、風呂へと出発。
真っ暗な中、懐中電灯の明かりを頼りに歩きます。


一応、湯船には着きましたが、寒いし、真っ暗で怖い・・・・( ̄▽ ̄;)
引き返して、一度上富良野の街に戻りました・・・(笑)


明るくなった所で、リベンジに行きます!



再度、クネクネした山道を登り駐車場に到着。

看板


工事関係者の車しか止まってません。




そそくさと準備をして出発です。 それにしても寒い・・・( ̄▽ ̄;)

吹上入口



雪がたっぷりとある道を、ゆっくり、慎重に下りて行きます。
なんせ、家族全員夏靴ですから・・・(爆)






湯船が見えてきました。もうひと踏ん張りです。
遊歩道から











そして、ドン!!

湯船(下)


到着~♪


吹上の湯  由来  滝


味のある看板や、吹上温泉の由来を書いたものがあります。





脱衣場   脱衣場です。うっすら凍ってました・・・




早朝なだけあって、かなり寒い・・・
服を脱ぐのはきついな~と思い、足湯をしました。



だんだんと体がポカポカしてきます。
寒さを感じなくなると、だんだんウズウズしてきます。







入っちゃえ~!

入浴1


入っちゃいました(笑)
最初は熱く感じていたお湯も、慣れてくると適温です。





入浴2


気持ちいい~♪

横では、子供と嫁さんが足湯をしています。


さらっとしたお湯ですが、入ってるとだんだんポカポカしてきます。
寒いのに汗が出てきました。



湯船(上)

上の段にある湯船です。こちらは熱くて入れませんでした・・・
いずれ入りたいですね~






いやぁ~、いいお湯、いい雰囲気でした~♪



子供と嫁さんは、一足先に車へ。
自分は、少しゆっくりしてから戻りました。


駐車場に着くと、若い女性2人が来ました。
あいさつをすると、「裸で入れそうですか?!」と聞かれました。

「今、裸で入って来ましたよ。しばらく浸かっていれば、大丈夫です」と答えて、車に戻ります。


嫁さんの手前、「ご一緒しますか?」という言葉をグッと飲み込んで・・・(涙)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。