温泉(道北)

幌延町へ帰省

H23.729(金)

嫁さんの実家、そして自分が10年間住んでいた幌延へ帰省してきました。
当時働いていた職場の後輩が、結婚式を挙げるのでそれに出席するためでもありました。
横浜から来た義理姉を乗せて、約半日かけて移動です( ̄▽ ̄;)

途中、休憩をはさみながら行きます。

鬼鹿


ルナ

小平町の鬼鹿にある道の駅「鰊番屋」で休憩です。
ここは、日本海が一望できるすばらしい道の駅です。
ウチのルナもご満悦のようでした。






一晩休んで、結婚式へと行って来ました。
かわいがっていた後輩が結婚・・・
感慨深いものがあります。
同僚とも再会し、楽しい時間を過ごしました。
会場は、幌延よりさらに北、最北の街稚内のホテルでした。

結婚式




そして、お楽しみの温泉です

幌延の隣町にある、名湯へと向かいます。

スポンサーサイト

十勝岳温泉 カミホロ荘 -2010.11-

2010.11.23(火)


吹上の湯を後にして、次に向かったのは十勝岳温泉です。

さらに標高の高い所に向かいます。1200mにある温泉宿です。
一度通り過ぎて、北海道一高い場所にある「凌雲閣」まで行き、景色を楽しみました。



行く途中の道はすっかり冬です。

雪道

冬景色もなかなかいいものですね~


景色を堪能した後、ふたたび下りて来ます。
カミホロ荘は、もうすぐです。下に見えますね~

上からの景色








到着~♪ クリックすると、画像が大きくなります。

看板  カミホロ荘



名物?のキタキツネ、「こん太君」がお出迎えです。

狐のこん太





受け付けで料金を払い、いざお風呂へGO~ 


吹上温泉 吹上の湯 -2010.11-

2010.11.23(火)

先日上げた場所の前、2か所の温泉に入湯していたので、そこのネタを・・・


前日の夜、苫小牧を出発。
後ろのシートを倒し、車中泊仕様にして子供達を寝かせて行きました。

目指すは、某「北の国から」で、田中邦衛さんと宮沢りえさんが入ったことで有名になった吹上温泉の露天風呂です。

ここは、何度か近くに行った事はあるのですが、まだ入ったことがありませんでした。
観光地化しているので、いつ行っても混雑しています。
なので、早朝に行ったらいいだろうということで、夜に出発です。


時間を気にすることもないので、多少遠回りですが岩見沢ICから高速で旭川鷹栖ICまで走り、そこから上富良野を目指します。
(この時期は道路が冬季通行止めのため、美瑛からアクセスできません)


夜中の2時前に露天風呂の駐車場に到着。
すっかり冬景色です。

そしてここで私tai@suke、この時期の、標高の高い場所をナメていたことに気づきました・・・
なんと、夏靴!!



それでも根性でリュックを背負い、風呂へと出発。
真っ暗な中、懐中電灯の明かりを頼りに歩きます。


一応、湯船には着きましたが、寒いし、真っ暗で怖い・・・・( ̄▽ ̄;)
引き返して、一度上富良野の街に戻りました・・・(笑)


明るくなった所で、リベンジに行きます!

おいしいラーメンと絶景雪見風呂

2010.11.23(火)

前回ブログの予告で、海の見える露天としてましたが、一刻も早く上げたいのがあったので、こちらを先にします。


今日は勤労感謝の日でしたね。
祝日で、家族全員が休みということで出掛けちゃいました。

前日の夜、苫小牧を出発。


まずは、某ドラマで有名になった野湯に行き、その後、その上にある絶景のお風呂を堪能しました。
こちらの様子はまたあとで報告させていただきます。




お昼近くになったので、食事をすることに。
行く場所は決まってました。

ウチの師匠である、札幌温泉人さんもおすすめするラーメン屋 「八海」さん。

旭川にあるお店ですが、美瑛にもお店を出したとのことで寄らせて頂きました。

八海1


お店に入ると、店員さんが元気よく迎えてくれました。
違う味を楽しみたいと、正油ラーメン、みそラーメン、Wチーズ(塩)ラーメンを注文。

ラーメン1  ラーメン2

自分は、Wチーズラーメンを食べました。
おいしくて、あっという間に完食です。



もちろん、師匠が贈ったお花もばっちり!!

師匠 花

帰りに子供達にあめを頂いて、チビ達もご満悦でした。

また近くに行った際は、是非寄らせて頂きますね~



お腹も満足したので、温泉へと向かいました~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。