ドライブ

2010.10 ニセコ紅葉ドライブ・・・

2010.10.17(日)

この日は、小1の息子の学習発表会でした。
ですが、今の時代は学年別に行ない、父兄も入れ替え制なんです・・・
1年生は一番最初で、すぐに終了(涙)
9:30には家に帰ってきてました(笑)



もうおわかりですね( ̄▽ ̄) ニヤ

そんな中、我が家がじっとしている訳がありません。
もちろん出掛けました(笑)


行き先はニセコ

パノラマラインの紅葉が見頃だろうということで行ってきました。

いつものように、苫小牧を出て、白老から四季彩街道~三階滝を通ります。


またこの場所で羊蹄山をパシャっと。

羊蹄山

この日は雲にすっぽりと覆われています。

この後、真狩を経由して一度蘭越へ向かいます。
その目的は・・・




ドン!

新見看板


温泉で~す♪



新見本館へと向かいます。
この看板から約10㎞、山道を登って行きます。

きつね  途中でキツネが。寒そうにしてました・・・




そして、到着~♪

新見本館



この日は、生憎の雨模様・・・
露天に入るのは厳しいかな、というくらい強い雨脚でした。


とりあえず、受け付けを済まします。
対応してくれたのは美人若女将でした♪
やっとお目にかかることができました( ̄▽ ̄) ニヤ



服を脱ぎ捨て、お風呂へGO~



内湯です。適温で気持ちいい!

新見内湯  新見入浴

無色透明の、さらっとした優しいお湯です。


そして、露天へ向かいます。
雨が強く、他にお客さん(若い女性もいました)がいたので、撮影はできませんでした・・・

悪条件ですが、いいです!最高です!!

しばし、湯浴みを堪能して、紅葉ドライブへと向かいます。



新見峠をパノラマライン方面へ進みます。

新見峠1  新見峠2


新見峠3   新見峠4

若干、色が薄いですがきれいな紅葉です。
今年は、赤が少ないです・・・


ゆっくり走りながら楽しんでいたのですが、頂上を越えてから景色が一変します・・・

新見峠 霧

霧が出てきました。
それも半端な状態ではなく、視界は50m位でしょうか・・・
対向車すら見えません。


それがずっと続き、散歩しようと思っていた神仙沼もこの通り。

神仙沼1  神仙沼2  神仙沼3


な~んも見えませんヽ。(ー_ーメ)

ただ、日本語でない言葉を大声で話す人達の笑い声&煙草のポイ捨て・・・
言ってやりました!!





・・・・・日本語で。 どーせわからんだろうから・・・・・(爆) 



その後、峠を下ると霧も晴れてきて、昆布温泉郷の辺りまでくると視界もすっきり。

子供たちのリクエストでアイスを食べに(雨で寒いのに・・・)、ミルク工房へ行きます。



ミルク工房1  アイス


おいしかったですよ~( ̄▽ ̄) ニヤ


敷地内には芝生があり、晴れていたら楽しそうです。

ミルク工房2   ミルク工房3




なんとなく、消化不良なドライブでしたが、家族で楽しめました( ̄▽ ̄) ニヤ。



スポンサーサイト

絶品!シュークリーム&絶景

2010.10.11(月)

車中泊の車の中、子供が寝た後、ウチが沈没するまでの僅かな時間(笑)
この辺りに幻のシュークリームを売っているお店があることを思い出しました。


湯とぴあ臼別を出た後、せたな町瀬棚区を目指して走ります。




そこにそのお店があります。

甲田菓子店というお店です。

甲田菓子店



名前を「岩シュー」といいます。
この岩シュー、売ってる日が限定されていまして、火、木、土、日、祝日のみの販売です。


しかも、外側のシューのサクサク感が売りのため、賞味期限はクリームを入れてから1時間!

幻と言われる所以です。




種類は2つ。カスタードクリームが入っている白岩シューと、月替わりで抹茶クリームモカクリームがあります。


ウチが行った時は抹茶でした。
ホントはモカが食べたかったので、来月も行くこと決定です(爆)



せっかくなので、サクサク感を存分に味わおうと、近くの海の見える場所に車を止めて食べました。

岩シュー   岩シュー2



左が使用前、右が使用後です(笑)

大きさはあまり大きくないのですが、クリームがたっぷりでボリュームがあります。
充分お腹いっぱいになりました。

2つ食べましたけどね・・・( ̄▽ ̄;)



その後、三本杉岩というのがあるので、見てきました。

三本杉岩   三本杉岩2


天気も良く、海もきれいでした。
岩とのコントラストも素晴らしかったです。





実はこの時、次の目的地で悩んでました。
海岸線を北上して、泉質のすばらしい温泉に行くか、噴火湾側に戻りつつ前日のリベンジをするか・・・




結果は次回・・・ということで。



2010 道東湯巡り  ~番外編~

鹿の谷を後にして、糠平方面に戻ります。


途中、北海道遺産にも指定されているタウシュベツ橋梁を見学。
ここは、国鉄旧士幌線の跡で、コンクリートでできたアーチ橋です。通称めがね橋とも言われています。
湖の水位が上がると沈んでしまうことと、年々損傷が激しくなっていていつか崩れてしまうこともあり、「幻の橋」とも言われています。


このような感じで、とても美しい橋ですよ~

タウシュベツ橋梁(資料)




駐車場に車を止めて、約800m程進むと糠平湖が見えてきます。

はやる気持ちを抑えつつ、自然と小走りに・・・(子供か!)













そしてドン!!


タウシュベツ橋梁


すでに水没してました・・・( ̄▽ ̄;)
川の河口あたりに見えるはずなんですが・・・ 残念!






さて、気を取り直して温泉へ向かいます。

その前に、来る時に気になる看板を見つけたので行ってみることに。

ひがし大雪アーチ橋友の会というNPO法人が、土・日・祝のみトロッコを運行しています。
これは子供達も喜ぶだろうということで乗ってきました。

詳しくはこちらに→   http://www3.ocn.ne.jp/~arch/tetsuro.htm




料金を払っていると、一人の女性が近づいてきました。
そして・・・





「・・・ご一緒してもいいですか?」と!

おぉ~! このtai@suke、36歳にしてモテ期到来か~!!
でも、家族もいるし・・・

どうしよう・・・・





よし!ここで断っては男がすたる!


tai@suke:「いいですよ~」
女性  :「よかった~ 北海道新聞の者ですけど、ご家族でトロッコに乗っている所を取材させてください」

tai@suke:「そうなんですか~   ・・・・・(*・ω・)ン?  取材、ですか?」
女性  :「はい。十勝版に載ります」

tai@suke:「うちらで良かったらどうぞ・・・ (T◇T)」




どうやら、勘違いだったようです(チャンチャン♪)




道新


このおねーさん、乗ったり降りたりしながら頑張って写真を撮っています。







トロッコ  トンネル   エンジン付きトロッコ


自然の中を、ゆっくりと進みます。
もちろん、漕ぐのはおとーさんの役目です(爆)
係の方も付いてくれるので安心ですよ~。 説明もしてくれます。

坂が急な所もあるので、途中からエンジン付きのトロッコも連結します。

当時のトンネルの中も見学できます。
なかなか貴重な体験ができました~( ̄▽ ̄) ニヤ



トロッコ 家族



最後に家族で記念撮影。

道新の記者のおねーさんとも少し話をしてから、温泉へ。



楽しかった~! 子供以上にはしゃいだtai@sukeでした(自爆)






  








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。